― 沿革 ―
 
昭和32年 7月  創立総会 横浜港厚生協会として発足
 初代理事長に松本健太郎氏 就任
11月  事業開始 事務局を横浜市中区元浜町に置く
昭和33年 5月  事務局を横浜市中区海岸通り1-1に移転
昭和34年 10月  港湾作業員の住宅事情調査を実施
昭和35年 12月  住宅対策委員会発足
昭和36年 5月  「横浜港湾厚生施設拡充10ヵ年計画」を策定
昭和37年 4月  「港湾公共福利施設分担金制度」発足
5月  社団法人横浜港湾福利厚生協会と名称を変更
 「横浜港湾厚生施設拡充5ヵ年計画」を策定
昭和38年 4月  港湾公共福利施設分担金入金開始
5月  2代目会長に伊夫伎直一氏就任
6月  横浜市港湾労働者共同住宅見晴橋住宅受託
 横浜市港湾労働者共同住宅第2出田町寮受託
8月  神奈川県港湾労働者大岡町住宅受託
9月  横浜市港湾労働者共同住宅第2新山下寮受託
昭和39年 11月  第1回横浜港関係者合同慰霊祭を挙行
昭和40年 1月  横浜市山下ふ頭港湾厚生センター内に事務局を移転
 給食センターを横浜市山下ふ頭港湾厚生センターに移転
10月  杉田共同住宅A・B棟竣工
昭和41年 8月  「厚生施設拡充10ヵ年計画」を策定
12月  杉田共同住宅C・D棟竣工
昭和42年 3月  横浜市出田町ふ頭港湾厚生センターにて事業開始
6月  高島ふ頭港湾厚生センターにて事業開始
11月  新山下共同住宅1号棟、単身者住宅竣工
 10周年記念式典
昭和43年 11月  本牧港湾団地1・2・3号棟竣工
 住宅入居預託金制度発足
12月  神明町共同住宅竣工
昭和44年 1月  本牧C-2号上屋食堂オープン(本牧C-2上屋内)
11月  本牧港湾団地5・8号棟竣工
昭和45年 2月  横浜港本牧第一港湾労働者福祉センター受託
9月  本牧単身者共同住宅竣工
10月  本牧港湾団地6・7号棟竣工
11月  本牧B-7号上屋食堂オープン(本牧B-7上屋内)
昭和46年 5月  横浜港万国橋港湾労働者福祉センター受託
7月  本牧港湾団地10・11号棟竣工
10月  横浜港湾労働者簡易宿泊所みなと寮竣工
昭和47年 3月  本牧港湾団地に第1公園造成
9月  本牧港湾団地12・13号棟竣工
昭和48年 12月  本牧港湾団地14・15・16号棟竣工
 雇用促進事業団横浜本牧宿舎受託
昭和49年 6月  本牧ふ頭休憩所食堂オープン
8月  横浜港湾労働者供養塔建立(山下ふ頭内)
昭和50年 7月  本牧港湾団地17号棟竣工
 本牧港湾福祉会館竣工
11月  本牧港湾団地完成式挙行
12月  本牧港湾団地中央広場造成
昭和51年 5月  3代目会長に岡部高氏就任
昭和52年 4月  大黒ふ頭食堂オープン(大黒ふ頭管理棟内)
11月  20周年記念式典
昭和53年 10月  本牧単身者共同住宅内に柔道場「港武館本牧道場」設置
昭和54年 3月  本牧港湾団地中央広場にブロンズ像「青い炎」建立
9月  新山下共同住宅2号棟竣工
昭和55年 8月  本牧港湾福祉会館に喫茶室「ル・ポール」オープン
昭和56年 9月  山下ふ頭港湾厚生センター1階「中華食堂」オープン
 新山下共同住宅1号棟2戸1に改造
昭和57年 12月  本牧港湾団地中央広場に公園造成
昭和58年 9月  杉田共同住宅A棟を2戸1に改造
昭和59年 5月  大黒ふ頭レストハウス食堂オープン(大黒レストハウス内)
12月  杉田共同住宅C・D棟を2戸1に改造
昭和60年 4月  高島ふ頭厚生センター 閉鎖
9月  杉田共同住宅B棟を2戸1に改造
昭和61年 6月  4代目会長に藤木幸夫氏就任
昭和62年 3月  第1回横浜港湾労働者供養霊前祭を挙行
11月  30周年記念式典
昭和63年 9月  本牧C-2号上屋食堂直営化
10月  上海港務局視察団、港湾住宅、給食センター、食堂視察
平成元年 3月  港湾住宅名をポートハイツに改称
 (本牧・杉田・神明・大岡・見晴橋・新山下各住宅)
5・9月  上海港務局研修生受入れ
5月  ふ頭内無料休憩所3ヶ所運営開始(山下ふ頭1ヶ所、本牧ふ頭2ヶ所)
6月  給食弁当回収容器導入
平成2年 1月  保養施設 プレジデント熱海 閉鎖
4月  会員用契約保養施設として「ハイツ&いこいの村」(64施設)の
 助成事業開始
9月  「食堂・売店」から「ポートレストラン・ストア」へ名称変更
 ポートレストラン本牧オープン(横浜港本牧第一港湾労働者福祉センター1階)
平成3年 2月  ポートレストラン・ストアDセンターオープン
 (本牧ターミナルオフィス・センター)
 本牧ポートハイツATMコーナーオープン(労働金庫)
4月  本牧ポートハイツ18号棟第1期住宅竣工
平成4年 4月  本牧単身者共同住宅ガス自炊設備完成
5月  本牧ポートハイツ8号棟を2戸1に改造
11月  本牧ポートハイツ18号棟第2期住宅竣工
平成5年 9月  本牧ポートハイツ5号棟を2戸1に改造
平成6年 2月  本牧ポートハイツ内に2階建て立体駐車場オープン(53台)
8月  ポートコミュニティ万国橋オープン(研修室2室、会議室5室、トレーニングルーム)
平成7年 3月  ポートレストランつばさオープン(大黒ふ頭厚生センター内)
5月  大黒レストハウスの食堂客席部拡張
 神戸港からの出向労働者110名、本牧ポートハイツ受入れ
6月  大黒ふ頭駐車場オープン(通勤車両153台)
7月  住宅整備検討会設置
 「横浜港の港湾労働者住宅のあり方」について諮問
8月  広報紙「はまかぜ」第1号発刊
9月  NewWing(軽飲食)オープン(横浜航空貨物ターミナル内)
11月  第1回講演会開催(講師/厚生協会会長 藤木幸夫氏)
平成8年 1月  ポートレストラン新港 閉店
 「横浜港の港湾労働者住宅あり方」について答申
8月  ポートレストラン・ストアY-CCオープン(横浜港国際流通センター内)
10月  大連港務局研修生受入れ
平成9年 5月  「住宅再整備基本方針」策定
 ポートレストランY-CC 2階オープン(横浜国際港流通センター内)
11月  40周年記念式典
平成10年 11月  ポートレストラン本牧「濱」リニューアルオープン(横浜港本牧第一港湾労働者福祉センター2階)
平成11年 2月  ポートストア本牧コンビニ店(サンクス提携)オープン(横浜港本牧第一港湾労働者福祉センター1階)
4月  ATMコーナーオープン(湘南信用金庫) (横浜港本牧第一港湾労働者福祉センター1階)
10月  給食センターの愛称を「ポートキッチン」に決定
平成12年 2月  ポートストアY-CCコンビニ店(サンクス提携)オープン(横浜港国際流通センター内)
3月  杉田ポートハイツA・B棟敷地買取
9月  ポートストアYーCCコンビニ店内ATMコーナーオープン(横浜港国際流通センター内)
平成13年 1月  本牧ポートハイツ駐車場増設(120台)
平成14年 3月  本牧単身者共同住宅ワンルームタイプに改修(10室)
4月  本牧ポートハイツ駐車場増設(29台)
8月  ポートレストランC2閉店
9月  健康増進法施行に伴い、不特定多数利用施設の分煙化を実施(食堂、会議室等)
10月  会員用契約保養施設として「シーパレス日港福」の助成事業開始
11月  本牧単身者共同住宅ワンルームタイプに改修(22室)
12月  ポートキッチン弁当販売 年末年始対応開始
平成15年 3月  神奈川県港湾労働者大岡住宅D棟返還(大岡ポートハイツ)
平成16年 2月  神奈川県港湾労働者大岡住宅C棟返還(大岡ポートハイツ)
3月  本牧単身者共同住宅ワンルームタイプに改修(21室)
 神奈川県港湾労働者大岡住宅A・B棟返還(大岡ポートハイツ)
4月  ポートコミュニティ万国橋会議室(2室)増設
 会員用契約保養施設として「箱根ホテル花月園」助成事業開始
7月  横浜市港湾労働会館の管理受託運営開始
 会員用契約保養施設として「ご清遊の宿らんざん」助成事業開始
8月  独立行政法人雇用・能力開発機構から横浜本牧宿舎(本牧ポートハイツ19号棟)を買取
9月  横浜港本牧第一港湾労働者福祉センターリニューアル(会議室・事務所)
10月  ポートコミュニティ万国橋の愛称を「万国橋会議センター」に変更
 新潟県中越地震の被災地に救援物資(カップ麺3万食)を搬送
11月  New Wing 閉店(横浜航空貨物ターミナル内)
  12月  横浜市港湾労働会館の愛称を「波止場会館」に決定
平成17年 4月  各厚生施設の愛称を「厚生センター」に決定
 本牧港湾福祉会館の愛称を「本牧ポートハイツセンター」に決定
 愛知万博開催期間中「シーパレスリゾート」助成拡大
9月  独立行政法人雇用・能力開発機構から神奈川区の土地返還
11月  山下厚生センター、本牧厚生センター、大黒厚生センターに災害対策用の水缶、計6万本を配置
平成18年 1月  神明ポートハイツ駐車場新設(20台)
4月  横浜市から港湾8施設に対し指定管理者として指定
 会員用契約保養施設として「休暇村協会」(36施設)の助成事業開始
5月  「ポートレストラン」から「波止場食堂」へ名称変更
 波止場食堂B-7店リニューアルオープン
10月  波止場食堂山下中華店リニューアルオープン
11月  ポートキッチン厨房改修
12月  波止場食堂山下店厨房改修
平成19年 3月  港湾労働者共同住宅見晴橋住宅管理受託終了
4月  会員用契約保養施設として「伊東園ホテルグループ」(20施設)の助成事業開始
10月  創業50周年記念講演会
11月  創業50周年式典
平成20年 7月  会員用契約保養施設として「かんぽの宿」(68施設)        
 「おおるりグループ」(16施設)の助成事業開始
10月  会員用契約保養施設として「丹沢荘」「マホロバマインズ三浦」の助成事業開始
11月  山下ふ頭港湾厚生センター等、計5施設にAEDを設置
 横浜港港湾労働者供養塔 移転法要(山下ふ頭から象の鼻地区へ)
 波止場食堂 本牧「濱」店 厨房リニューアル工事
平成21年 2月  港湾労働者住宅のニーズ調査を実施
5月  横浜港港湾労働者供養塔移転除幕式開催
 ポートストア本牧店改修
平成23年 3月  出田町寮住宅管理受託終了
4月  東日本大震災の被災地に救援物資を搬送
6月  東日本大震災 義捐金を東北港運協会・東北港湾福利厚生協会に贈る
12月  波止場食堂Dセンター一時営業休止
平成24年 3月  神奈川県より一般社団法人への移行認可
平成25年 4月  一般社団法人横浜港湾福利厚生協会へ社名を変更
10月  第50回横浜港港湾労働者慰霊祭
平成26年 4月  消費税増税に伴い、給食(弁当)・食堂・会議室等の一部料金改定
  11月  第20回講演会
平成27年 11月  特別講演会
平成28年  3月  新山下単身者住宅廃止
平成29年 4月  シーパレス利用補助額増額(創業60周年記念事業)